logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    読んだ本(2017年4月)

    数年かけた仕事の成果が世の中に出て嬉しい。

    4月の読書メーター
    読んだ本の数:9
    読んだページ数:2866
    ナイス数:157

    黄砂の籠城(下) (講談社文庫)黄砂の籠城(下) (講談社文庫)感想
    日本がいかにして成長していったのか、そして武士から変わっていったのか。。日本史便覧で眺めていただけでは解らない世界。歴史はロマンがありますね。中国も面白いものです。
    読了日:04月27日 著者:松岡 圭祐
    黄砂の籠城(上) (講談社文庫)黄砂の籠城(上) (講談社文庫)感想
    学校の授業では殆どやらない近現代史。明治維新以降、自分の知識が曖昧なことが恥ずかしいですね。勉強しよう。
    読了日:04月25日 著者:松岡 圭祐
    オーダーは探偵に コーヒーに溶けるセピア色の謎解き (メディアワークス文庫)オーダーは探偵に コーヒーに溶けるセピア色の謎解き (メディアワークス文庫)感想
    英語での打ち合わせでリエゾンが日本語で喋り始めたときの恥ずかしさったらない。。急に登場人物の印象が変わる本でしたね。つなぎの巻。
    読了日:04月21日 著者:近江 泉美
    無傷姫事件 injustice of innocent princess (講談社ノベルス)無傷姫事件 injustice of innocent princess (講談社ノベルス)感想
    車を買ったときにわくわくして作ったガソリン用のカードやETCカードの有効期限が。早いものでもう5年かぁ。わくわくして買ったこの本も、奥付を見てびっくり2016年1月の刊行。何故読まなかった。。シリーズを再読したくなるが既に手放したかもしれなかったな。歴代の姫と国が面白いです。
    読了日:04月17日 著者:上遠野 浩平
    帽子収集狂事件【新訳版】 (創元推理文庫)帽子収集狂事件【新訳版】 (創元推理文庫)感想
    これで2011年の新訳か…やはり海外作品は翻訳に左右されてしまって残念ですね。驚き以前に読み切れないという(笑)
    読了日:04月12日 著者:ジョン・ディクスン・カー
    ノーブルチルドレンの愛情 (メディアワークス文庫)ノーブルチルドレンの愛情 (メディアワークス文庫)感想
    口出しするなって言われたらもう助けようという気がなくなりますね。この本は愛情だったのだろうか。ハッピーに見えるが、すでに36歳とは…。こいつら、異常だろ。
    読了日:04月10日 著者:綾崎 隼
    ノーブルチルドレンの断罪 (メディアワークス文庫 あ 3-8)ノーブルチルドレンの断罪 (メディアワークス文庫 あ 3-8)感想
    29歳になりました。特にキリとかないのですけれども。最終巻につながる巻でしたね。少し高校生らしくないところが出てきて醒めていくなぁ。
    読了日:04月06日 著者:綾崎 隼
    ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり (角川ホラー文庫)感想
    ちょうど十年前は大学の入学式。大学生活がこんなものだったら・・・と思いますが、一人暮らしをしていなくて良かったかなと思う点も。昔にもっともっと社交性があれば。
    読了日:04月05日 著者:櫛木 理宇
    卯月の雪のレター・レター (創元推理文庫)卯月の雪のレター・レター (創元推理文庫)感想
    ここ最近作者買いをしてきたのですが、、少しこれは違ったかな。短編集ですが世界に入り込むまでに時間が掛かる。青春感が乏しいなぁ。
    読了日:04月03日 著者:相沢 沙呼

    読書メーター
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad