FC2ブログ

    logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    読んだ本(2017年7月)

    新しい上司と新しい仕事。
    今年の夏はべったりしていますなぁ。

    7月の読書メーター
    読んだ本の数:11
    読んだページ数:3686
    ナイス数:191

    避雷針の夏 (光文社文庫)避雷針の夏 (光文社文庫)感想
    暑い夏には良いかもしれませんね。人間関係が濃いということは、それに煩わされる部分も多いということ。
    読了日:07月30日 著者:櫛木 理宇
    Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防 (集英社オレンジ文庫)Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防 (集英社オレンジ文庫)感想
    少しブスを押し出しすぎていて、実感がなくなっていく。。しかし、さいたまに縁がある人、ホテルでの結婚式に触れた人は面白いのでは。
    読了日:07月27日 著者:ゆきた 志旗
    湖底のまつり (創元推理文庫)湖底のまつり (創元推理文庫)感想
    これぞミステリーです。解ってしまえば何てことの無いことも、それまでのわくわくが楽しい。何が起こるのか、どこに連れていかれるのか。ほんと、予備知識を持たずに読むと良いです。
    読了日:07月26日 著者:泡坂 妻夫
    神の時空 倭の水霊 (講談社文庫)神の時空 倭の水霊 (講談社文庫)感想
    読書メーターでの登録数の少なさ…!神社ブームや御朱印ブームとは言っても、やはり興味の無い人が多いのですね。がっかり。ヤマトタケルノミコトくらいは知っているでしょうが、そこから派生して面白い仮説を展開されています。名古屋に見るとこないって言ったの誰だ。
    読了日:07月21日 著者:高田 崇史
    教団X (集英社文庫)教団X (集英社文庫)感想
    久しぶりに分厚い本を読んだ。以前よりもペースが落ちたところで、何日かかるかと…。面白い点はあるものの、結局陰謀論にもとれるラストで少しがっかり。みんな自分の宗教と神がいるんでしょうね。
    読了日:07月19日 著者:中村 文則
    妖怪博士: 私立探偵 明智小五郎 (新潮文庫nex)妖怪博士: 私立探偵 明智小五郎 (新潮文庫nex)感想
    小学生のとき、あの別校舎の図書室で読んだ不気味な小説はこの本だった気がする。洞窟の戦いが印象に残っていましたが、いま読むとなかなかの雑な表現ですね。ほかにはないと言えばない。。ネタが解っている状態で、スリルを楽しむ、そんな本だったんですねぇ。
    読了日:07月13日 著者:江戸川 乱歩
    懐かしい食堂あります 谷村さんちは大家族 (角川文庫)懐かしい食堂あります 谷村さんちは大家族 (角川文庫)感想
    新刊を買ったつもりが、1巻でした。食に関する小説ですね。天才だけでは物語は面白くないですが。。食堂に行きたくなるような。
    読了日:07月12日 著者:似鳥 航一
    君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)感想
    思ったよりもラノベ感は少なかった。タイムリープものもちょこちょこ読むが、次が楽しみ。
    読了日:07月10日 著者:綾崎 隼
    因業探偵: 新藤礼都の事件簿 (光文社文庫)因業探偵: 新藤礼都の事件簿 (光文社文庫)感想
    表紙と中身はアンマッチ。もう少し美人のイメージ。久しぶりの小林泰三…そういえばこんな癖のある作品でした。ミステリーとしては結構面白い。
    読了日:07月07日 著者:小林 泰三
    幻屍症 インビジブル (実業之日本社文庫)幻屍症 インビジブル (実業之日本社文庫)感想
    うーん。最初の設定はすぐに予想がついた。そうじゃない、と解ってからのもうひとひねりが弱いなぁ。設定依存の作品だけに、ちょっと残念。ラストもしっくりこないですね。
    読了日:07月04日 著者:周木 律
    東京バルがゆく 不思議な相棒と美味しさの秘密 (メディアワークス文庫)東京バルがゆく 不思議な相棒と美味しさの秘密 (メディアワークス文庫)感想
    広島へ出張する新幹線の中で。きっと読者はもっと穏やかな小説になると踏んでいたことでしょう。ピッツァ、食べたいです。
    読了日:07月04日 著者:似鳥 航一

    読書メーター
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad