logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    国税査察官

    風雨が激しい。寒いさむい。

    読み終えました。

    立石勝規『国税査察官』
    国税査察官 (講談社文庫)国税査察官 (講談社文庫)
    (2008/07/15)
    立石 勝規

    商品詳細を見る


    気まぐれで買った本。

    面白そうとか期待せずに読んだわけですが、そこそこでした。
    訛りを表現しているのか、文章力の問題か、やや読みにくい。
    新聞社の方だからか、文に違和感はなかったのですが。

    なんか、作中の政治の話題が、まさに現在の状況と似ている部分もあり、驚き。

    脱税事件ってイメージできないのは、自分が働いてないからですかね。
    所得に対して税を払うっていう感覚が乏しいし。

    この作品は、ややこしさとか、文のかたさとか、そういうのを鑑みて
    講談社(文庫)らしい
    と思いました。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad