logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    裸者と裸者(下)

    六本木ってところはあれですね。おしゃれですね。スーツを着ていたからまだ良さげなものの、私服ならなんとまぁ浮きそうなところであったことか。

    読み終えました。

    打海文三『裸者と裸者(下)』
    裸者と裸者〈下〉邪悪な許しがたい異端の (角川文庫)裸者と裸者〈下〉邪悪な許しがたい異端の (角川文庫)
    (2007/12)
    打海 文三

    商品詳細を見る


    如何様にも読める作品。
    だから、ある意味では傑作。

    しかながら、読みにくいのと、展開があまり好きでないかなぁ。

    登場人物も、馬鹿に見えて賢い。

    結局、次に続くような感じでしたし。

    作者は亡くなっているようですが、シリーズは完結してるのかな。

    まぁ、たぶん次は読まないんじゃなかろうか。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad